嫁ぐ娘に

母から嫁ぐ娘に持たせたい・あると便利なキッチングッズ

もうすぐ彼と一緒に新生活をスタート。マグカップやお箸を買ったり、カラトリーを揃えたり彼と一つ一つ揃えていくのは楽しいことでしょう。主婦暦○○年のおかあさんから、いくつかプレゼントしたいキッチングッズを紹介します。

1.廣田 ツイングリラーThe Best特別6点セット

10年くらい使った後このツイングリラーをまた購入しました。揚げ物をするときも、煮物を作るときも使うけれど、一番お気に入りの使い方があります。

トウモロコシやさつまいもを食べたいときに重宝するのです。深型フラットパンを熱く熱して、トウモロコシやサツマイモと水180ccを入れふたをします。弱火にして、水がなくなるまで煮ます。蒸すより、トウモロコシやサツマイモがずっと甘くておいしくできあがります。

年末になると鳴門金時(紅あずまなど)を買ってきて、このやり方で調理。柔らかくなった鳴門金時を木べらでつぶし、買っておいた瓶入りの栗の甘露煮とシロップを入れます。

シロップは好みで調整。弱火にしてゆっくり混ぜます。大雑把ですが、簡単栗金とんのできあがり。

このやり方で調理したカボチャ(このときの水は90cc程度)は、砂糖などの調味料をまったく入れなくても、色鮮やかに仕上がりカボチャの本来持つ甘さが楽しめます。

カボチャ選びがポイントになるので、外側の緑が濃いもの、中の黄色が鮮やかなもの、種がぎっしり詰まっている物を選んでください。

ツイングリラーは、もともと1台7役。今まで書いてきた「煮る」の調理の他にも、蒸す・茹でる・炊く・焼く・炒める・揚げる調理ができます。

付属品として、浅型グリルパン・ガラス蓋・揚げ網ザル・蒸し目皿・フォークターナーがついていて便利です。浅型グリルパンの波形の底面は傾斜がついていて、肉を焼くと余分な脂を流してくれます。

肉や魚を焼いたとき、形を崩さず更に移すのにはフォークターナーが活躍してくれます。鶏の唐揚げやフライドポテトを作るとき、揚げ終わったら揚げ網ザルでいっぺんに揚げた物を取り出せます。

蒸し目皿があるので、シューマイも蒸せるし温野菜を作ることができます。深型フラットパングリルパンを蓋としてかぶせれば無水料理もできるし、オーブンとしてパンも焼けます。

ツイングリラーがあれば、いろいろな料理を作るときに重宝しますよ。

 

ツイングリラー The Best 特別6点セット IH対応用 レシピ付

*詳しい説明はこちらにどうぞ*

 

 

2.貝印 ダイタモンドシャープナー・スティックタイプ

切れ味が悪くなった包丁を研ぐのに使い始めて、13年になります。砥石を買ってみたり、包丁研ぎ器を買って使ったりしました。でも、不器用な私にはこのシャープナーが一番使いやすかったのです。

包丁の刃にシャープナーをあてて、しゅしゅっと数回こする(研ぐ)だけでOK。ものすごく切れ味がアップするというわけではありませんが、通常の調理なら十分だと思います。

はさみや爪切りの切れ味もよくします。使い終わったシャープナーは、キッチンペーパーできれいにします。長持ちするのもよいところ。

 

*詳しい説明はこちらにどうぞ*

 

 

3.オークス・レイエ計量味噌マドラー

以前は、スプーンで目分量の味噌をすくい、鍋の中で編み目の味噌こしを使い味噌を溶かしていました。毎回、お味噌汁の味は違い、濃くなったり薄くなったり。

この味噌マドラーを、味噌の中に入れてくるくると回します。鍋の中でマドラーの味噌をおたまの中で溶かします。丸い先端の部分の大きい方が大さじ2杯、小さい方が小さじ1杯となっています。

食塩の過剰摂取が成人病を招き寄せると言われています。長寿者が多いことで知られている長野県では、県全体で減塩運動をしているそうです。

この計量味噌マドラーで、減塩を心がけた我が家の味噌汁が作れます。

*詳しい説明はこちらにどうぞ*

 

4.和平フレイズ 泡立てマドラー・18-8ステンレス

さきほど紹介した味噌マドラーでも、かき混ぜることは可能です。でも、かき混ぜるのに断然使いやすいのがこのマドラーです。卵をかき混ぜるとき、ドレッシングを作るときに活躍してくれます。卵焼きを作るとき、菜箸でかき混ぜていてすっきり混ざらなくてちょっといらいら。

このマドラーならさっと混ぜられて、卵のカザラが一緒にとれるときもありました。マグカップでコーヒーや紅茶に砂糖を入れて飲みたい時にもさっさっさ。価格もリーズナブルでうれしくなります。

*詳しい説明はこちらにどうぞ*

 

5.柳宗理 ステンレストング 穴あき

22cmの穴の開いたトングは、とても使いやすいです。他にシリコンや先がスプーンとフォークのような形状になっている物もありますが、これ1本あればすべてまかなえます。

今まで野菜炒めを器に盛るときは菜箸で、煮物をよそるときはおたまを使っていました。フライパンにシートを敷いて魚を焼き、皿に移すときは菜箸や時にはフライ返しで。

このトングは、菜箸やおたま、フライ返しよりずっとつかみやすいのです。穴が開いているので油分や水分を振り切って盛ることができます。

オーブントースターから、熱くなっているトーストを取り出すときもトングは役に立ちます。パスタのとりわけにもグッド。

耐久性のある18-8ステンレスを使用しているだけでなく、柳宗理だけにデザインもステキです。

*詳しい説明はこちらにどうぞ*